引越し 6月 相場

引越しを6月に予定している方は必見です!6月は引越し件数も減る時期なので相場も全体的に下落傾向。おまけに予約も取りやすい時期なんです。しかし、そんな時期だからこそ業者間の料金に差が出やすく相場が掴みづらいときでもあるのです

引越し 6月 相場 > 引越し 6月の相場を知っておくと得する

引越しを6月に予定している方は必見です!6月は引越し件数も減る時期なので相場も全体的に下落傾向。おまけに予約も取りやすい時期なんです。しかし、そんな時期だからこそ業者間の料金に差が出やすく相場が掴みづらいときでもあるのです

6月の引越し相場を知るには、複数業者の動向を握る!

6月は予約が取りやすい!
だからこそ、業者の見極めが大事!!



3月や4月の年度替わりの時期に比べると、随分と引越し業者の予約が取りやすい6月。


土日を除けば、多くの業者で希望した日に予約が取れてしまうものです。



しかし!
だからといって、提示された見積書を見て、なんとなく予想通りの金額だったから
お願いしちゃおうと、安易に決断を下すと、引越し当日にエライ目に遭うなんていうことも
あります。


失敗しない業者選定のためには、いろんな業者の提案を見る・聞くことが大切です。



いろんな業者の提案を一気に見ることができるのが
便利な「一括見積もりサービス」なんです!


このサービスを利用すれば、たった一度の内容入力でアナタの引越しに対応できる
いろんな業者からの見積書が受け取れます。

利用は無料。
これで引越しに失敗するリスクを軽減できることを考えれば、使わない手はないでしょう!

  見積もりはココから  
   ▼ ▼ ▼ ▼
アナタの引越し内容に応じて最大10社から見積もりが受け取れる






引越しがうまくいくか、いかないかは業者選定を含めた見積もりの段階で大方決まる
と言っても過言ではありません。

段階としては、見積書を見比べて、候補となる業者を2~3社に絞り、自宅へ来てもらって
立ち会い見積もりをしてもらって細かい提案を受けます。

ここで業者が言うから・・・とハイハイ言っていると、とんでもないことになります。

希望は臆することなくガンガン聞いていきましょう。

業者もできないことはできないと言いますし、代替案などを提示してくれるところもあります。

注意したいのは「金額ありき」ではなく、「内容ありき」で進めることです。

もちろん予算の都合もあるので、わかっていてもそううまくいかない部分もありますが、
低予算には低予算なりの引越しがあります。
もっと言えば、自分でやることを増やせば、料金はグングン下げられます。

そんななかでも、絶対に自分では無理なことってありますよね。
冷蔵庫、洗濯機、大型家具等は自分では運べませんし、無理をすればケガをしてしまい、
余計に高くつくことになりかねません。

「絶対に頼むこと」と、「頑張れば自分でできること」を振り分けておくと良いでしょうね。

見積もりに来た営業担当と、当日の引越しをするスタッフは違うケースがほとんどなので、
書面で書き残すことは意識したほうが良いですよ!



 

6月にヤマトで引っ越しした体験談

6月に引越しをした体験談を綴ります。

引越しを考え始めたのは4月でいろいろな引越し方法を検討し、見積もりを取ったりして
およそ
2ヶ月の準備期間を設けました

引越しは、福島県いわき市から香川県でした

かなり距離があるので引越し業者による見積もり料金の差もありましたし
引越し方法についてもよく検討を重ねた結果「コンテナ便」を利用しました

複数の業者の中から
選んだのはクロネコヤマト」にしました

引越し前は2階建てアパートの1階に住んでおり、引越し先の住居形態は
3階建てアパートの2階です

引越しは準備期間も2ヶ月ありましたしシーズンとはずれていたので
比較的ゆっくり出来たような気がします
またコンテナ便を選んだため、大きさも十分あったので家電や段ボールすべてを持っていく
ことが可能でした

料金もコンテナ便だったら格安でできましたよ

でも引越し後に1つ問題が発生したのです

それは荷物の破損のことです
私はもともと海外に行くことが好きで旅行に行ってはいろんな雑貨を購入していました
その中で一つ植木カバーがあったのですがこれが50センチ×50センチくらいのかなり大きな
そしてその素材は竹で出来ていました
もちろん
植木を入れる物ですからしっかりしたつくりになっていたのですが
荷物を輸送するときに中で圧力がかかったのかもしれません
側面は問題なかったのですが底の支えになる部分が破損してしたのです
それは私が気づく前に業者の方からすみません破損させてしまいましたと報告がありました
そのために破損に対して攻める気持ちなどは全くありませんでしたがただ日本ではなかなか
購入できない物なので少し残念な気持ちでいっぱいでした

それから後日、業者の事務の方が破損代を持ってこられました
海外で購入したものなのでいくらに相当するものか分からない
そのために会社で査定して金額を打ち出すかまたは自分でほかの好きな同じようなものを選んで
購入してもらいそれを弁償金として支払うか、どちらかの方法になることを説明されました

私は後者のほうつまり自分で好きなものを購入してそれを払ってもらうことにしたのです
知らない土地で店を回ってかごを探すということは大変でしたが好きなものを購入していい
という
のはとても嬉しかったです

お陰で気に入ったものが見つかりそれを使用することが出来ました
引越しをこれまで何度か経験していますが破損などの経験はこれが初めてでした

でもきちんと保障してくれるし対応は良かったと思います


結果的に悪い対応はされませんでしたが、
万一のトラブルに備えた確認も事前にしておけば良かったなぁと、今振り返るとそう思います。

準備期間でいろんな業者を比較しておいて良かったです。



複数業者を比較して検討できる!一括見積もりサービスはココから